Accessibility
Guidelines

2.5.2 ポインタ操作のキャンセルができる

詳細

ユーザーは、自身が望んでいないコンテンツを誤ってクリック(またはタップ)してしまうことがある。その際にポインタ操作をキャンセルできるようにする。例えば「タップしたまま指をずらしてから離せば、タップイベントはキャンセルされる」などである。

具体的には、次のいずれかの対応が求められる。

  • ダウンイベントがない:コンテンツを押下したタイミングで機能が実行されない
  • 中止または元に戻すことができる:コンテンツから手を離したタイミング(アップイベント)で、ダウンイベントの中止か元に戻すことができる

ただし、ダウンイベントのみで機能を完了させることが必要不可欠な場合は除く。 この項目は、クリックやタップ操作などのポインタ操作を用いるウェブコンテンツに限定される。

テスト・チェック方法

  1. 特定の要素に、押下しただけで実行される機能が存在しない
  2. 1がある場合、押下した領域外で離すことにより機能をキャンセル・中止できる

参考文献