Accessibility
Guidelines

3.1.5 難しい文章表現を避ける

コンテンツは、できる限りわかりやすく簡潔に書かれているべきである。固有名詞や題名以外のテキストで、難解な言い回しや表現を避けるべきである。読解レベルは中学3年生が読めるものであれば問題ないと言えるが、その評価は難しい。

もし難解な表現を使わざるを得ない場合は、要約や図解、音声を利用できるなどの補足があると良い。

読みやすいテキストや図解があると、ほとんどのユーザーにとっても理解しやすくなる。そのなかでも、ディスレクシアなどの読字障害のユーザーには特に効果がある。

テスト・チェック方法

1. textlintなどの校正ツールを使用する

Atomエディタなどにtextlintをインストールしておく。文章作成時に、日本語として不適切な表現を指摘してくれるため、文章校正に用いることができる。

ほかにも、機械的に判断できる日本語の文章難易度の評価にはjReadabilityなどのツールがある。

textlintを設定しているAtomエディタの使用イメージ。文法的に不適切な箇所にエラーが表示されている。

2. 文章作成後に複数人に確認してもらう

次のような確認項目を挙げることはできるが、適切なテスト手法はない。文章作成後、複数人に確認してもらうなどのフローを挟むことを推奨する。

  1. 段落、文章、単語を短くする。長い文は分割を検討する
  2. 専門的な用語や俗語などの言い回しを避け、一般的な単語を選ぶ
  • 対象ユーザーに適した単語の選択かどうかの視点も重要である
  1. 冗長な単語を取り除く
  2. 単語やフレーズを複数並べる場合、文章よりもリストの方が読みやすくならないかを検討する
  3. 受動態の文は能動態にできないかを検討する
  4. 名前やラベルに一貫性を持たせる

参考文献