Accessibility
Guidelines

3.2.1 フォーカス時にコンテンツを大きく変更しない

フォーカスを受け取ったときに、ユーザーが意図しない変更はしない。

視覚障害や運動障害のあるユーザーは、キーボードなどで操作を行うことがある。フォーカスで次の「悪い例」のような変更が起きると、操作を完了できない恐れがある。

また、フォーカス移動を自動的に行うと、ユーザーが勝手にフォーカス移動したことに気づかない場合もある。そのため、フォーカス移動はユーザーの操作に任せるのが望ましい。

具体例

悪い例

要素にフォーカスした時、フォーカス移動する時、次のような「コンテキストの変化」を起こすこと。

  • フォームが自動的に送信される
  • 新しいウィンドウを開く
  • ページ内の現在位置を移動したり別のページに移動したりさせるコンポーネント
  • 分割されたカード番号の入力欄で、4桁入力した瞬間に自動で次の欄にフォーカスが移る

レビュー・テスト方法

マークアップ実装時、コードレビューによるチェック

参考文献