Accessibility
Guidelines

3.3.1 エラーを特定できる

入力エラーが自動的に検出された場合は、エラーとなっている箇所が特定され、ユーザーにテキストで説明される。

エラーメッセージは、次のような方法でわかりやすく、見やすい場所に配置すること。

  • 各componentの近くにエラーテキストを表示するUIにする
  • 詳細なエラーを伝えることが難しい場合、ヘルプページへのリンクなどを用意する
  • Good エラーとなっている入力項目の近くにエラーメッセージを表示している
  • Bad エラーとなっている項目と無関係な位置にエラーメッセージを表示している。また、エラーの該当箇所や理由を説明していない。ユーザーはエラーの原因を推測し、入力箇所を探す必要がある。

テスト・チェック方法

  • 企画時、デザイン時、実装時に、下記をチェックする
    • エラー箇所の洗い出し
    • エラー文言の検討
    • エラー文言の表示位置
  • テスト時
    • エラー発生時に、エラーの箇所が示され、解消手段がテキストで示されているか

参考文献