Accessibility
Guidelines

3.3.4 入力時のエラーを回避できる

法的・金銭の発生する取引・データの修正や削除に関わる操作をユーザーが行うとき、取り消し・修正・確認ができるようにする。

このような操作は、ミスによって起きる影響が重大である。そのため、次のようにしておくことで、ユーザーがミスした時にユーザーが重大な損益を被らないようにする。

  • 取り消し:操作を取り消すことができる
  • 修正:入力したデータのエラーがチェックされ、ユーザーが修正できる
  • 確認:操作を完了する前に、ユーザーが情報を見直して確認・修正ができる

具体例

発生しやすいミスの具体例

  • 連絡先を書き間違える
  • 誤って記事を上書きしてしまう
  • バックアップを取らずに必要な記事を削除してしまう
  • 誤ってキーを押してしまい操作が実行されてしまう
  • チケットの購入枚数を間違える
  • 払い戻し不可の航空券の発着日を間違えて購入する

あくまで一例であり、ユーザーがどんなミスをしてしまうかはサービス側で特定できない。そのため、ミスが起きないように作る、ミスが発生した時に修正・取り消しできることが重要である。

テスト・チェック方法

ユーザーの入力と送信が必要となる工程で、下記のいずれかが担保されていること

  • 実行前に内容を確認する
  • 実行後に修正できる
  • 実行後に取り消しできる

参考文献