Accessibility
Guidelines

3.3.5 状況に応じたヘルプが利用できる

ユーザーの状況に応じたヘルプを、ユーザーが必要な時に利用できる。そのためにヘルプは、ユーザーがはっきりと認識できるところに示す。

一例として次のような方法がある

  • ウェブページ内に、ヘルプページへのリンクをいれる
  • スペルチェック機能やテキストの入力候補を表示する
  • 入力欄の前に、入力欄の内容を説明する説明文・ラベルをつける
  • 入力欄の横に、入力例を表示する
  • 要素をマウスオーバーした際に、ツールチップなどで補足説明をする
    • title属性を使うことでも代替できる

具体例

入力欄の前に適切なラベルが設定されている

良い例

ラベルを見ただけで、ユーザーはなにをするべきか理解できる。

悪い例

プレースホルダーのみに説明・入力例がある。これだと次のような問題が起きやすい

  • 入力中に読めない
  • プレースホルダーのテキストの色が薄すぎて読めない

一般的ではない用語に注釈がある

  • 一般的でない用語を説明するOK例。一般的でない用語の横に、注釈を表示するためのリンクがある。
    Good あるWebサービス内でのみ使用されている一般的でない用語について、ユーザーが内容や説明を確認することができる。
  • 一般的でない用語を説明していないNG例。一般的でない用語についての説明がない。
    Bad 一般的でない用語の説明やヘルプページへの動線がなく、ユーザーは内容や説明を確認できない。

テスト・チェック方法

  • 企画時
    • 機能の追加・更新時に、次のような箇所で説明があるか。
  • ヘルプページ
    • 前提として、遷移先であるヘルプページは、ユーザー環境に依存することなく確認できることが望ましい。

参考文献