Accessibility
Guidelines

2.3.3 ユーザー操作で起きるアニメーションを無効にできる

ユーザーの操作(スクロールやクリックなど)によってアニメーションが発生すると、ユーザーがめまい・吐き気・偏頭痛などを起こす可能性がある。 そのため、コンテンツの機能や内容に必要不可欠でない限り、ユーザーが無効にできるようにする。

2.2.2 動く、自動更新するコンテンツに配慮する も参照。 2.2.2では、自動で再生・更新されるコンテンツについて記載している。 2.3.3ではユーザーの操作に応じたアニメーションが対象となる。

必要不可欠なアニメーション 必要不可欠なアニメーションとは、そのものがないと機能しなくなるものを指す。

ローディングアニメーションなど

詳細

達成方法

  • ユーザーの操作で発生するアニメーションがある場合、アニメーションを消す・軽減できる設定を用意する(推奨)
  • アニメーションなしのサイトに移動する選択肢を提供する

テスト・チェック方法

  • ユーザーの操作で発生するアニメーションがある場合、アニメーションを消す・軽減できる設定を用意する

参考文献