Accessibility
Guidelines

3.2.3 ナビゲーションの位置を統一する

サービス内で繰り返し表示されるナビゲーションの位置を、画面ごとに変えず、同じ順序で表示する。

詳細

ウェブサービスでは、グローバルナビゲーションなどのコンポーネントがサービス内で繰り返し表示されることがよくある。しかし、画面ごとにナビゲーションの位置が変わると、回遊するユーザーは画面ごとにナビゲーションを探さなければならなくなる。順序を統一することで、あらゆるユーザーが、より素早く目的のコンテンツにたどり着きやすくなる。(ナビゲーションを表示しないことを薦めるものではない)

スクリーンリーダーや拡大鏡を用いて閲覧しているユーザーへの影響は特に大きい。同じ操作で読み飛ばすことができず、画面ごとに全てのナビゲーションを確認し直すことになり、非常に不便になる。

また、あらかじめ表示される位置をユーザーがわかっていれば、誤タップの防止や次のアクションをしやすくなるという利点もある。

具体例

たとえば、

  • 検索ボックスを画面によって上に置いたり下に置いたりしない
  • パンくずリストは常にヘッダーの下に配置する
  • 操作の実行ボタンは常にヘッダー内の右に配置する

などすれば、ナビゲーションを用いないときにはその次のコンテンツまでスキップすれば良く、用いるときには視覚的な位置感覚で探すことが簡単になる。

例外

ナビゲーションの位置をユーザーが変更する場合は例外とする。

テスト・チェック方法

企画・デザイン時

ワイヤーフレームの作成時に、ナビゲーションの順序がサービス内で統一されているかを確認する。

なお、ナビゲーションがサービス内で同じサイズであることも重要だが、詳しくは3.2.4で解説する。

参考文献